カテゴリ:未分類( 821 )

ムクドリ、ムクドリ、ヒヨドリ

ヒヨドリがやたら大きく見えるけど、実際はここまでの大きさの違いはない(はず)。
尾羽が長いのと、角度かな?
猟の時に並んでたら、迷わずヒヨドリ狙う。
a0123462_2332888.jpg
by shimizooo | 2017-02-02 23:04 | Comments(0)

鉈に腰紐付けてみた

コーナンいって、適当なサイズのロープ3m買って、鞘に通してみた。
紐用の穴が4か所あるんだけど、もともと紐なしだったから通し方が分からん。
適当に、でこんなんなりました。
(下っ腹出てるから)ちょっと短かったな、4mにしとけばよかった。
a0123462_044498.jpg
by shimizooo | 2017-02-02 00:05 | Comments(0)

焚火パーティ

焚火パーティ、といっても集まって焚火台とかで焚火してつまみ作って食べ続ける&飲む・・・という。

ちなみに、猟に行ったら焚火はもちろん、そもそも火は全く使わない。
遅くとも日没で終了で野営しないし、山火事とか怖いし。
a0123462_0141460.jpg
by shimizooo | 2017-01-24 04:05 | Comments(0)

朝のヒヨドリ

通勤途中にて。
かなり近くでズーム最大で撮ったけど、粗いね。
a0123462_004573.jpg
ヒヨドリ大好き!
by shimizooo | 2017-01-24 00:01 | Comments(0)

先日とったハシブトガラスは剥製にすることにした。
カラスは一般に忌み嫌われているが、黒一色でかっこいい。とくに嘴太っぷりは素晴らしい。

ちなみにカラスは猟をはじめて確か三羽目。
一猟期あたり一羽くらいしか獲らない。

積極的に撃たないのと(ヒヨドリとの二択なら間違いなくヒヨドリ)、
撃って獲れる場所にとまっていることが少ないのと、
当たっても半矢率が多い(矢に強い)。

剥製屋さんに依頼をかけ、剥いだ後の肉は食べるから返送でお願いしたところ、
おまけ?なのか肉が増えて帰ってきた(クール宅急便の冷凍カラスは一羽増えて二羽分になっていた。
a0123462_08045277.jpg

他に、シカ、キジ、コガモ、キンクロハジロまで。
a0123462_08045285.jpg
しばらく肉食やな。
by shimizooo | 2017-01-21 23:48 | Comments(0)

sharp 純正ペレット 5.5㎜

ヤフオクで純正ペレットを安く落とせた。
多少使っているっぽいんだけど結構入ってそう。そこはまあ、博打か。

で、届いたので早速検証。

こんな感じ。
a0123462_22365294.jpg
a0123462_2237650.jpg
a0123462_22371923.jpg
a0123462_22373075.jpg

サイズの比較が出来るものと写せばよかったな。
だいたいのサイズは親指と人差し指で輪っかを作ったくらいの径。
a0123462_22431983.jpg


で、とりあえず重さから何発入ってるか計算してみた。

ケース込みで232g。
a0123462_22444947.jpg
ケースのみで10g。
a0123462_2245465.jpg
50発で46g。
a0123462_22451622.jpg


ってことは・・・
46g÷50発=0.92g/発。
弾は232g-10g=222gだから、
222g÷0.92g/発=241.3発≒240発くらい。
上のケースの画像だと、5.5㎜は250発入りらしいから10発くらいしか使ってないみたい。
ちなみにスカート部が結構歪んでいるものもあったけど、そのへんはあまり気にしないで普通に使う。
by shimizooo | 2017-01-17 22:54 | Comments(0)

鉈、研いだ

前に近所の工務店からもらってきた廃材を片付けたかったから、鉈を研いで薪にした。
せっかくだから焚火でアタリメ炙って、偽ビールで一杯。
ちなみに鉈は結構前にヤフオクで買ったけど、雰囲気あるし使い勝手が良いから研ぎながら使ってる。
a0123462_2271777.jpg
a0123462_2272993.jpg

by shimizooo | 2017-01-15 22:09 | Comments(0)

住宅街のキジバト

今日から12月。猟期の6分の1終了、3回しか出猟できなかった。
先週末、出猟できなかったから今週末が待ち遠しいけど、そもそも今週末は猟に行けるのか?
いけるといいな。

画像は仕事の途中、住宅街の公園で見かけたキジバト。
4m、見られてることに気付いてるからソワソワしてるけど逃げない。
a0123462_22575144.jpg
by shimizooo | 2016-12-01 22:58 | Comments(0)

ラビットフットの作り方

猟に出て、ウサギをみたことはないけど、将来ウサギを獲ったらラビットフットを作ってみたい
(タイワンリスならいくらでも獲ってこれるけど、ふわふわしてないしね、タイワンリスの足)。
ここに作り方が出てたから、備忘録。

以下、エキサイト翻訳で日本語訳(プラス、結構修正・添削してみた)。

<HOW TO うさぎの足のお守りの作り>

ステップ①
足を掃除してください。
最初のステップは足を完全に掃除することです。
•抗菌の液状の石鹸と温水で足を洗い、完全にきれいになったことを確かめてください。
•きれいにしたら、完全に石けんを取り除くためにすすいでください。
•軽く?乾燥してください。

ステップ②
消毒用アルコールに足を浸してください。
次のステップは、消毒用アルコールに48時間浸漬。
•70%イソプロピルrubbing alcohol.(←翻訳ソフトの訳のまま。後日調べるけど、要は消毒用アルコール?)を使うべきである。
•足がアルコールに浸かっていることを確かめ、蓋をしてください。
•容器の代わりにジップロックでも可。

ステップ③
取り出してすすいでください。
48時間経過後、足から消毒用アルコールから取り除いてください。
•水で足を十分にすすいでください。
•足を圧搾して毛皮の奥のアルコールも取り除いてください。
•アルコールは保存しておけば次回も使用可能です。

ステップ④
四ほう酸ナトリウム(たぶんホウ砂?)で洗います。
•新しい容器、ジップロック等に、温水:ホウ砂=15:1を入れてください。
•よくかき混ぜてから、足を溶液に入れてください。
•24時間浸漬してください。

ステップ⑤
すすぎ、乾燥してください。
足を溶液から取り出し、温水で溶液を完全にすすぎ落としてください。
•溶液が完全に取り除かれたと思うまで、温水で足を洗ってください。
•水がしたたらないよう、薄いタオル等で水分を拭き取ってください。
•完全に乾燥させてください。
•足はおよそ1日で乾くはずです。これでウサギの足は保存処理されました。

ステップ⑥
留め具の装着。
足が乾いたらふわふわ感と柔らかさを回復しているでしょう。
完成もしくはキーチェーンの準備として、留め具が必要です。
•足を留め具に接着し、乾燥してください。
•もしキーチェーンとして使うなら、留め具にフックやループを設けてください。

翻訳ソフトで翻訳かけて、適当な解釈で意味が通るようにしてみただけだし、間違ってたらごめんね。
by shimizooo | 2016-12-01 00:31 | Comments(0)

kastingerのソールが剥がれ始めた

狩猟解禁まであと10日、一昨日洗った登山靴に紐を通そうとしたら・・・
剥がれ始めました。嗚呼悲しい。
a0123462_1253415.jpg

修理に出すにしても解禁に間に合わなさそうだし、今年はカモシカの登山靴がメインだな。
a0123462_1254315.jpg
kastingerは修理に出したいけど、たぶんしばらく放置になっちゃうんだろうな。
by shimizooo | 2016-11-05 12:54 | Comments(0)