カテゴリ:空気銃( 95 )

二丁目のビクトリーちゃん修理依頼

週末、二丁目のビクトリーちゃんを修理に出した。
修理上がり後、譲渡する予定で進行中。
a0123462_7204450.jpg

by shimizooo | 2017-02-27 12:35 | 空気銃 | Comments(0)

ロッテのドラえもんミニ缶

むかーし、このブログに書いたことがあったような気がするけど、ロッテのドラえもんミニ缶が好きだ。
小さくてなかなか使えないサイズ感なんだけど、この小さい感じが好き。

なかなか使いみちがないと思ってたけど、ダイアナちゃんの4.5㎜ペレット入れにちょうど良くて、今期は何度か出動した。
a0123462_23372411.jpg
5円玉が二枚入ってた。
a0123462_23372860.jpg

ちなみに5.5㎜にはちょっと窮屈だから使ってない。
by shimizooo | 2017-02-20 00:23 | 空気銃 | Comments(0)

あと2日、だからという訳でもないがダイアナちゃんの画像を撮ってみた

あと2日、2月15日の日没をもって今期は終了(地域や狩猟鳥獣によって多少違うけど)。
先日、猟とは関係ないところでちょっとした問題があり、今期の狩り納めができてない。
珍しくちょっと忙しいんだけど、この話はまた後日にでも。

あと二日しかないと思うとそわそわするから、ちょっと落ち着いて来月傘寿なダイアナちゃんをガンロッカーから出し、愛でて、画像なんか撮ってみる。
う、美しい。
今期3回ほど猟に持って行ったけど、たまに獲物が獲れる。まだ現役だ。
ちなみに下に敷いているのは大日本帝国陸軍の毛布、たぶん血痕付きだったりする。
a0123462_071976.jpg
by shimizooo | 2017-02-14 00:22 | 空気銃 | Comments(0)

初期ビクトリーちゃん、メンテナンス

今日は軽く雨に降られたけど、ビクトリーちゃんを濡らしたくないから(ビクトリーちゃんを濡れ濡れにしたい気もするが)早々に撤退。
これは戦略的撤退である(嘘、ビクトリーちゃん濡らしたくないんだ)。
そんなに濡れてないけど、過剰に注油しといた。
なお、可動部の他に外回りもメンテナンス用のオイル使ってます。

ビクトリーちゃん、大好き。
a0123462_22135755.jpg

先日、ダイソーでブロワー購入。
でも歯ブラシで十分だったので、結局使わず。
a0123462_22135920.jpg

クリーニングペレットで銃身の掃除。
ボルトにも注油してるから多少銃身にも油がまわってると思う。
初期ビクトリーちゃんは空撃ちがあまりよろしくないようなので、フェルトは2個入れにしてる。
左から空撃ち一発目、二発目、三発目。
まあ、このくらい綺麗だったらよいか。
a0123462_2214061.jpg

by shimizooo | 2017-02-05 22:21 | 空気銃 | Comments(0)

昔の月刊Gunのダイアナちゃんの記事

確か1966年5月号の「現代空気銃への道」の記事はドイツの空気銃ってことで、ダイアナちゃん特集。
うちのMOD22も掲載されている。

これは少年用モデルでは優秀なもので後の時代の空気銃の特性をほとんど備えており銃身止めにカムを効果的に使ったモデルだったが、重さは軽く少年用に設計されている。


理想の空気銃だと思う。
a0123462_017167.jpg
by shimizooo | 2017-02-02 05:05 | 空気銃 | Comments(0)

ヒヨドリの羽毟り

先日、質問があったからヒヨドリの羽毟りについて書こうかと思う。
ただ自己流だからもっとうまい方法があるかも。

続きは見たい人だけみてね。
by shimizooo | 2017-01-29 23:57 | 空気銃 | Comments(0)

空気銃について④

続いて70年代の空気銃を月刊Gun誌から。

このころになると海外特派員の実銃レポートとモデルガンの記事が多くなる。
とは言え、空気銃の記事も不定期?ながら掲載されてる(70年代以降も、だけどね)。

75年8月、たぶん75年7月下旬生まれの僕が生れたときに売っていた月刊Gun誌はこれだな。
二丁目のビクトリーちゃん売ってた頃。
シャープの広告。
a0123462_22574287.jpg


続いて78年8月号。
GUN所持大作戦の空気銃の選び方について結構力の入った記事。
当時のメイン所の諸元もあり(画像にはないけど、データ表もあるよ)。
a0123462_2333654.jpg

a0123462_234250.jpg

ここまできてやっぱり二丁目のビクトリーちゃん最強かと思い始める・・・
by shimizooo | 2017-01-29 05:17 | 空気銃 | Comments(0)

空気銃について③

つづき

当時の月刊Gun誌をみてみよう。

これは1964年1月号。
シャープの広告。
下から二丁目がうちの初期ビクトリーちゃん。大好き。
a0123462_22315547.jpg

ここで重大な事実発覚。
うちの初期ビクトリーちゃん、モデル648で、64年製でビクトリーの品番が8かと推測してたけど、64年1月の広告だと丸ごとひっくるめて?モデル615になってる・・・
ということで上二桁が製造年、下一桁がモデル品番と言うのは違うようだ。
他に把握している60年代の品番は595と608。
よく分からんが、上二桁は設計年か?

つづいて、兵林館の広告。
a0123462_22321095.jpg


やっぱり60年代かっこいいねえ。
このころの月刊Gun誌は空気銃の記事が多め。まだ海外特派員とかなくて、海外の情報も少な目。
実銃(空気銃含む)が意外と多いから面白いよ。

まだ続くよ。
by shimizooo | 2017-01-29 03:29 | 空気銃 | Comments(0)

空気銃について②

実際にどうするかは別として、買い替えるとしたらどんな空気銃がいいかを考えてみた。

①旧いのがいい。
 二丁目のビクトリーちゃんと同年代、もしくはもっと旧いのが良いな。
 ってことは1970年代くらい。

②スコープを乗せられるのがいい。
 他の二丁はオープンサイトとピープサイトなのでスコープ付、もしくは加工なしでスコープを乗せられるのがいい。
 加工すればどの空気銃でもスコープ乗せれると思うけど、「純正」とか「当時の加工」とかが好きなので未加工でスコープが乗る方が良い。

③ポンプ式がいい?
 年代的にPCPは外れるから、ポンプ式、スプリング式、CO2ガス式が選択肢。
 スプリング式、CO2ガス式と比べ故障が多い気がするけど無難にポンプ式か?

④口径はなんでもいい。
 口径に拘りはないから何でもいいけど、ペレットの共通化を考えると既に所持している口径、4.5㎜か5.5㎜かがいいかな。

そこから導かれた候補は・・・

先の①~⑤で考えると、兵林館とかシャープとかの60〜70年代(プラス10年で80年代)生産分かな?ということになる。
探しやすい所でいうと、後期ビクトリー、パンターゲット、ちょっと新しいけどイノバ辺りも選択肢になるかな?

イノバは軽量だけど樹脂を多用している。強度面では問題ないらしいが、鉄と木の空気銃が好きだから除外。

パンターゲットは実物を見たことあるけど、印象として…

<良さそうなところ>(あくまでもイメージ)
・銃身が太い。かっこいい。
・引金はマッチトリガーらしい。マッチトリガーって何?と、よく理解していないが、かっこいい?

<良くなさそうなところ>(あくまでもイメージ)
・全長が長い。といっても930㎜=ダイアナちゃんくらいだから問題なし。
・重い。とスコープなしの比較でパンターゲットのマイクロサイト付3.5㎏に対
してビクトリーのピープサイト付が2.4㎏、約1kg重い。
・勝手なイメージだけど、ビクトリーより複雑で壊れる箇所が多そう。

と、ここまで比較して、後期ビクトリーって実猟に適しているんじゃないの?。
二丁目のビクトリーちゃん、なりはぼろいが、強化レバー付きだし、やっぱり修理か?
考えるのも楽しいから猟期が終わるまで色々悩んでみよう。

ちなみに・・・

つづく
by shimizooo | 2017-01-28 23:56 | 空気銃 | Comments(0)

空気銃について①

この前書いたけど、二丁目のビクトリーちゃん、ポンピング始め時に空気が抜ける現象が発生。
先日、ついに蓄気しなくなった。
猟期明けで修理出そうかと思っているけど、もう一つの選択肢がある・・・そう、買い替えだ。

既に空気銃だけ三丁持ちだから、やってみないと分からないけど、これ以上は所持許可が下りないかもしれない。
所持許可が通ったとしても、空気銃だけ四丁持って全てしっかり使うのは無理な気がする。
二丁目のビクトリーちゃんが眠り銃になるのも不健全なので、選択肢としては直すか、買い替えるかだ。

ちなみに、去年基本銃の更新(済)、今年は二丁目のビクトリーちゃんの更新。
今年の誕生日前に買い替ええ、銃の所持許可が降りれば、更新時期が三丁とも同じになるというメリットはある。

つづく
by shimizooo | 2017-01-28 22:00 | 空気銃 | Comments(0)