<   2018年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

結局、ROTHCOのキャンティーンカップの誘惑に負けた話

前回の記事で、
ROTHCOのキャンティーンカップ用の蓋を買ったが、米軍実物カップとは形状が違うから使えない。
ということを書いたが、結局誘惑に負けて、というか蓋がもったいないからということで
ROTHCOのキャンティーンカップを買ってしまった。
*当然ですがカップと蓋をセットで買った方が、かなり安いです。

使ったことのないAMAZONで買ったが、翌日着。すげえ!!
一昔前なら、
「実物ならともかくROTHCOのキャンティーンカップなんてどこで買お?せや、週末渋谷のファントムでも行くか!」
ってな感じだったと思うが、ネット購入、翌日着。すげえ便利。

で、届きました。
蓋はちょっと前に買ったやつね。
a0123462_22515214.jpg
軽装での湯沸しとか色々使えそうだな、と思ったが…
赤矢印の部分ワカルカナ?本体に沿っていないのがなんか残念。
カップ底面に中国製のシールありました。
a0123462_22521559.jpg
蓋は乗っかるというよりは縁の部分が部分的に内向きで、カップの縁に引っ掛かって固定されるみたいです。
a0123462_22524755.jpg
引っくり返しても蓋は取れません。
あまり密閉しちゃうと、湯を沸かしたとき圧が上がるかな?と思ったけど、
水を入れて引っくり返したら水が漏れるので密閉されてる訳ではなさそう。
試しに蓋をして湯を沸かしましたが、まあ大丈夫そうでした。
a0123462_22525464.jpg
軽装での湯沸しとか色々使えそうだな、と思ったが…
なんか、しっかり蓋が出来て満足だし、なんか出来る子のような気はするけど、
一方で実物キャンティーンカップを使いたいという方向からはずれているわけで。

ちなみに手持ちの(実物なのかちょっと怪しい)キャンティーンはしっかり収まりました。
このキャンティーンもハイターに浸けて、復活?したので、実戦投入するであります。
a0123462_22523292.jpg


by shimizooo | 2018-01-16 23:20 | 軍装 | Comments(0)

米軍のキャンティーン

米軍のキャンティーンであります。
キャンティーンは水筒のこと。
もともと3個持ったけど、先日のVショーで、カバーを1個購入(左のに装着済み)したついでに記念撮影。
ホントはカバー2個欲しかったんだけど、意外と高いもんですね、昔は捨て値だったのに。
a0123462_23465983.jpg
年式やら語り出すと長くなるんで端折りますが、カバーを買ってプラ製キャンティーンに装着したら興奮して、
周辺商品も欲しくなり、ROTHCOのキャンティーンカップ用Lid(蓋)を買っちゃった。
a0123462_23472900.jpg
軽装での湯沸しとか色々使えそうだな、と思ったが…
a0123462_23483395.jpg
米軍実物キャンティーンにはサイズがとんでもなく合わねえ。
ちょっと調整して、というレベルではない。
蓋を使いたかったらロスコのキャンティーンカップを買えってか?


振り上げた拳の下しどころが分からないから買ってしまいそうだ…
by shimizooo | 2018-01-15 00:06 | 軍装 | Comments(0)

T500給油メモ

前回12,603.1km、今回12,389.3km、12.78Lだから16.7㎞/L。
結構、走りましたな。
a0123462_19325579.jpg

by shimizooo | 2018-01-14 11:07 | T500 | Comments(0)

出猟20180113

昨日、出猟。
日の出ちょっと遅めスタート。

寒波が来てて日本海側は大雪というものの関東の冬は晴れる。
スカッと晴れて、寒い。

朝から調子よくヒヨドリを落としたけど、
今日はカラス獲りたいなと。しかし猟場の環境の問題で今日はカラスが寄り付かず断念。

日の入りまで粘ったけど、猟場の環境の問題で少なめ終了。
とにかく寒くて、極寒ツーリング以上に冷えて、指先の感覚なし。
弾の装填ができない、手に力が入らないくらい寒かった。

by shimizooo | 2018-01-14 10:56 | 出猟 | Comments(0)

極寒ツーリング2018 おまけ、今年の装備

今年の装備の画像を撮ってみた。
フライトパンツなしだから去年より薄着?でトライ。
冷え込んだ夜だったから、寒いっちゃあ寒いけど、指先と足のつま先以外はまあまあ行ける。
つま先は我慢できるから、これでハンドルカバーがあればほぼ完成の域かも。

N-3A的なドカジャンとORのバラクラバ(もらいもの)。
a0123462_19325223.jpg
自衛隊迷彩のダウンっぽいのとフリースっぽいの。
a0123462_19325225.jpg
ヒートテック半袖、ヒートテック長袖、ウィンザーの肌着。
a0123462_19324651.jpg
ヒートテックのパッチ×2枚、靴下は山用のやつ。
a0123462_20055151.jpg
フルフェイスヘルメット、作業皮手袋+軍手、ワークパンツ、ブーツ。

a0123462_19324629.jpg
亀屋革具店のベルト。
a0123462_19325206.jpg


by shimizooo | 2018-01-13 20:14 | ツーリング | Comments(0)

極寒ツーリング2018

1月11日、今年も来ました極寒ツーリング。
平日だろうが週末だろうが1月11日決行なツーリング。
今年は仕事が終わらず、22時くらいに給油して出発。
皆は横浜の原宿マクドにいるくらいかな?
a0123462_19324605.jpg
a0123462_19325579.jpg
原宿マクド着。22時54分。ちょうど一時間だった。
皆は…すでに出発したようだ。
a0123462_19330056.jpg
指が千切れそうだったので、温かい飲み物だけ飲んだ。
復活!江の島目指します。
a0123462_19335970.jpg
江の島着~。
とりあえずバイクを停めて、カフェーマルさんでコーヒーを頂く。
ああ、今年も極寒ですな、としみじみ。
a0123462_19325953.jpg
記念撮影。
クールビーンズさんの画像から頂きました。
a0123462_19325234.jpg
帰りはいつもの感じで。T500だったから、余裕ある感じでした。
走行距離は往復120kmほどでした。

a0123462_19330026.jpg
帰宅後のシャワーが熱くて痛いくらいに沁みるんだよね。
楽しかった!
by shimizooo | 2018-01-13 19:53 | Comments(0)

リュックサック考 自作への道1

実は密かに温めていた?戦中(前後)のリュックサック自作への道を2018年は実行に移したいと思う。
現在、自分で所有しているのは20個ちょっとだと思うが、年末年始でそれぞれの特徴をチェックしたりしてた。

自分の中での究極の形はイメージできてて、古いリュックサックを集めるきっかけになった、
実家に帰省時に「奥津軽」という骨董屋で見つけたリュックサック(以下、初代)。
形、サイズ、素材、雰囲気?が完璧だ。
初代の程度がいいのがあれば自分で作る必要もないが、皮の劣化は如何ともしがたく実用レベルとは言えない。
a0123462_00094687.jpg
話しは逸れるが、年末年始の時間があるときに比較していたら面白いことに気付いた。
初代と愛用の弘前の亀屋革具店の山菜リュックとの共通項が多い。
他の古いリュックサックには見られないのに、だ。

まず、底面のダイヤステッチ。
初代は単にステッチが入っているだけ?、山菜リュックは中に別の織物が縫い付けられているが、
手持ちのリュックサックで底面にステッチが入っているものはなかった。
a0123462_00285319.jpg
a0123462_00350671.jpg

また、背負い面部の底側が共布が当てられ、補強されている。
これも他の古いリュックサックには見られなかった。


a0123462_00345054.jpg
a0123462_00285887.jpg
誰も興味がないことを掘り下げもアレだが、更に背負い紐の留め方が独特。
僕の拙い説明で伝える自信がないので、画像を見てもらおう。

まず上部の鉄の輪っか(オニギリ型)の留め方。
分かるかな?革を2パーツ使って、更にリベット留め。
非常に凝った留め方だ。
a0123462_00381550.jpg
こっちが山菜リュック。
a0123462_00375196.jpg
通常多いのは、このタイプ。
一枚の革で挟んでいる。リベットの有無とか仕上げの綺麗さに違いがあるが、概ね一緒だ。
a0123462_00450845.jpg
a0123462_00452102.jpg
a0123462_00452867.jpg
背負い紐の下部は似ているけど、ちょっと違った。
初代の。
a0123462_00381110.jpg
a0123462_00381396.jpg
山菜リュック。
分かるかな?リベットの個数の違いは別として、山菜リュックの方が押さえの革がくり抜かれている。
まあ、良く似ていると言えるし、このような作りをしているものはほとんど見たことがない。
厳密にいうと、初代と同様の構造で押さえの革部分が帆布使用のリュックサックの画像はみたことがある。
a0123462_00380283.jpg
あと、他になかった訳ではないけど、雨覆にマチをとっているのも珍しい。
初代。
a0123462_01021169.jpg
山菜リュック。
a0123462_01010263.jpg
他のリュックサックでもマチ付はあるといえばあるけど、少ない。
ひと手間かかるからね。
a0123462_01065037.jpg

初代は青森県五所川原市から出土、山菜リュックは弘前市。リュックサックの作り方も地域的な特徴があるのかもしれない。
もしくは、初代も弘前市の馬具屋で作られたものかもしれない。
当時、弘前市周辺には馬具屋さんが何軒かあったらしいです。
第八師団の需要もありますが、農耕馬向けの需要もあったのかな?
いずれにせよ、初代は他の古いリュックサックと比較しても手間がかかっている。


逸れた話が長くなったから、今日はこの辺で終わります。
ちなみに試作兼1個目の完成目標は夏。
夏休みに自作リュックを背負って、どっかに行きたい。

by shimizooo | 2018-01-09 01:26 | リュックサック考 | Comments(0)

出猟20180107

日の出スタートで猟に行こうかと思ったけど、布団から這い出せずに二度寝、遅めスタート。
まあ、概ねいつも通りだけどヒヨドリの警戒レベルが高くなってきてるかな?

今日イチの一発は、5m先の目線の高さにとまったキジバトにヘッドショット。
近すぎるのも難しい。
鳩の血は赤い。
a0123462_23060164.jpg
帰宅後、後期ビクトリーの掃除と注油。
明日は午後から猟に出れるか微妙、とか思ってたけど午後から雨?らしい。
a0123462_23310484.jpg

by shimizooo | 2018-01-07 23:28 | 出猟 | Comments(0)

戦闘糧食Ⅱ型 豚甘辛煮

さて、今回のビクトリーショーで、自衛隊の戦闘糧食Ⅱ型を3つ買いました。
ちなみに1000円のは期限が2017年9月のもの(期限切れ)、1500円のが2018年3月のものです。
a0123462_19190173.jpg
袋に書いている説明を読むと、この袋のまま25分~30分ほど湯煎するように書いてるけど、
中身が気になるから、期限切れの豚甘辛煮を開封してみよう。
a0123462_19282664.jpg
中はこんな感じ。
ご飯のパックが2個、豚甘辛煮のレトルトパックが1つ。使い捨てのスプーンがひとつ。
湯煎したけど、なかなか熱が通らない感じだったので、ご飯は電子レンジでチン。

a0123462_19202742.jpg
熱が通ったら完成!
気分を盛り上げるために、飯盒の蓋と中子に盛り付けてみました(ご飯は1パックだけね)。
味は…まあ甘辛煮だね。
a0123462_19283002.jpg
ご飯1パックだと、少々物足りないから、やっぱり2パックで1食ですな。
by shimizooo | 2018-01-06 19:49 | | Comments(0)

1月6日、7日はビクトリーショー

今日と明日はビクトリーショーであります。
新年早々の仕事日だったけど、早めに切り上げて浅草へ~。
この時期は猟に行っちゃうから、ビクトリーショーやら来週開催のブラックホールやらに
行けないんだけど、仕事日でよかった。
a0123462_18440239.jpg
新年の浅草、人、多い。
松屋の脇を通り抜けて、都立産業貿易センター台東館へ。
a0123462_18440618.jpg
a0123462_18482489.jpg
画像はないけど、会場の1/3は世界各国の新旧入り混じった軍人さん(の格好をしたひと)。
a0123462_18483715.jpg
今回の戦利品はこんな感じでしたー。
a0123462_18485765.jpg
今回の大当たりはコレ。
80年代臭のする生写真?27枚也!!
a0123462_19042408.jpg

by shimizooo | 2018-01-06 19:15 | 軍装 | Comments(0)