テナガエビ釣り 20180421

土曜日、青いふにふにゃ竹竿のテストも兼て行ってきました(青いので青大将号と命名)。
前回が寒くて活性が落ちてるんかー?と思ったけど、今回は汗ばむくらいの陽気。
ちょっとは釣果上がるかと思い、行きましたがまだまだっすね。
当然、腕の問題やらもあるかと思います。
a0123462_23145360.jpg
a0123462_23145697.jpg
備忘録程度に。
水門らへんは餌を喰う気配もなく、まだ少し早いかな?
橋下は干潮からの上げでぼちぼち。
小さいのが多いから、エサ取りが多い。
求めてないけどヌマチチブが絶好調。

青大将号(竿)は期待通りふにゃふにゃで大げさな釣り味と釣り難さと楽しさの絶妙なバランス?
テナガのサイズが大きくなってきたら不安を覚える出来だけど、これはこれで楽しいです。

竿のサイズはこんな感じ。セルフタイマーだとピント合わせが上手くできないけど、アホ面はいつも通り。
やたらデコ光ってるけど、こんなにハゲたんやなあ。
a0123462_23145800.jpg

by shimizooo | 2018-04-22 23:22 | 釣り | Comments(0)
<< T500 青い孟宗竹の枝が意外と良かった... >>